• 孤独な韓国男

カンナム最高級クラブテンプロについて率直に語る

ゲストのうち、90パーセントは違法ギャンブルサイト運営者、密輸業者のようなチンピラであり、残りの10パーセントは芸能人、財閥3世、遊ぶのが好きなプロ野球選手がほとんどであるというのが事実。



システム 。


月~金までのみ開け、普通の女の子15~20人ほど出勤。


働く女の子はもっとおるが、一週間に一日か二日程度ずつは休むので、平均一日出勤する人数はこれくらいだ。一人のゲストに女の子7人を座らせなければならない。

例えば2人で行けば1人は4人を座らせ、1人は3人を座らせる仕組み。


女の子たちは日本のキャバクラのようにずっとゲストテーブルを回る。

これが嫌いなら一人だけ指名して遊んでもいい。 ここで指名料は20万円。

酒代は別途。


テンプロで遊びたいならマダムチップ、ルームチャージ、ウェイターチップなど合わせて最低50万円くらい準備すればいい。(笑笑)


「正式なエッチはない。 しかし、エッチがなければ、誰がその高価なお金を与えて行くの?暗黙的に3回指名すれば、その女の子と眠れるようマダムがしてくれる。マダムと親しくなってからこそ好きな女の子と眠れるのがポイントだ。」

ルックス。


テンプロなら本当に芸能人級のルックスしかないと思う方が多いようが…必ずしもそうではない。

もちろん基本的に醜い女の子はいない。


20人出勤すると言えば3人~4人はただ路上でもしばしば見られるレベルであり、3人~4人くらいは本当に個人的に会えば話もできないような本当にきれいなレベルであり、残りのほとんどはただちょっと可愛いな!との レベルだ。


まぁ芸能人級だと思われるルックスはお店あたり2人~4人くらいしかいない。 もちろんナイトライフで出会える女の子の中でルックスは最上級だと言える。

ガールズグループや芸能人のために練習生として何年もいることが出来なくテンプロに出勤する女の子が多いのだ。


どうやって遊ぶべきか?


すべての花流系がサービス業であるので、ゲストが王であり、できるだけサービスはしてくれる。


テンプロはその中でも最高だ。王になれる。何をしても最善を尽くして全部合わせてくれのだ。


高級だから すごくマナーよく行動しなければならないと思う人も多いけど…

実は正反対だ。本当に資本主義が何かをしっかり体感することになるんだ。

お金さえあげれば何でもやってくれる世界…

これが韓国のテンプロだ -_-;;


閲覧数:185回