• 孤独な韓国男

お酒が飲みたい時はこの女の歌を聞く。韓国の八代亜紀。 キム・スヒ


彼女は18歳で高校に在学中の時に作詞家と作曲家で同時にデビューした。


デビュー頃にはブラックキャッツのメンバーとして活動をしたし、キムフンの(私を置いてアリラン)など様々な曲を作曲したりもした。


その後、1976年に歌手としてデビューした時は極度の生活高で活発な活動をすることができなかったが、その後2年後(ノムハムニダ)と1982年(モンエ)という曲をヒットさせながら歌謡トップテンからゴールデンカップまで占めるなど大きな人気 を味わった。




1993年9月8日、歌謡トップテンで1990年文化大統領ソ・テジの'5週連続1位ゴールデンカップ受賞を破った曲があったのでまさにキム・スヒの'愛母'だった。


まさに希大の異変と青を起こした大事件。


この時、キム・スヒは受賞が確定すると驚きすぎてその場に座り込んだという。

突然、この曲は5週連続1位でゴールデンカップを受賞したが、

この曲はトロット曲の最後のゴールデンカップ受賞だ。



「(ノムハムニダ(ひどいです))という歌は日本のエンカ歌手八代亜紀がカバーして歌ったりもした。 男に捨てられた女の心境を切なく悲しい歌詞とメロディーは中年の男がお酒が飲みたいときに聞きたい曲だ。韓国の(ノムハムニダ)と日本の(ノムハムニダ)を同時に聞いてみよう。」


韓国の(ノムハムニダ)キム・スヒ




日本の(ノムハムニダ)色気がすごかった若い時の八代亜紀の姿が見れる。

釜山港へ帰れの次(ノムハムニダ)



閲覧数:81回

最新記事

すべて表示