• 孤独な韓国男

日本のおやじ達はこの女優に目がない。イ・ヨンエ

イ・ヨンエは韓服が最もよく似合う大韓民国を代表する女優であり韓流を代表する女優だ。

2003年、俳優としてのイメージを固めていた中、初めて単独主人公のソ・ジャングムとして出演した伝説のドラマ『大将金』に会って絶頂を撮った。


《大蔵金》は以後韓国を越えて日本、中国などをはじめとする世界の諸国に韓流ドラマとして名を振り、主人公のイ・ヨンエも韓国を代表する美女俳優として大きく有名勢を得ることになる。




《大蔵金》は以後韓国を越えて日本、中国などをはじめとする世界の諸国に韓流ドラマとして名を振り、主人公のイ・ヨンエも韓国を代表する美女俳優として大きく有名勢を得ることになる。




最初からCFでデビューして、その波及力がすごかった。「CFの女神」と呼ばれる。 全盛期にはなんと240以上のCFを撮って独歩的な亜性を誇り、女性俳優の中で最も多くのブランドの広告を撮ったというがそれだけ広告主と大衆が最も好んだという意味である。




「東洋人なのに非常に明るい茶色の目が特徴に挙げられる。 しかも肌の色もとても明るく、ヨーロッパの女優たちのように立っている写真でも肌が白く見えるほど。 ただ、実は1990年代だけでも、そばかすがすごく濃くて多かった。 放送ではメイクですぐに隠す方だったが、たまに顔が画面にクローズアップされたり、彼女のすっぽりを目撃した人たちの場合、一様にそのそばかす語を必ずしたほど。 それからしばらく活動を休んで出たら、今のように真っ白な肌になって現れたという。」

大蔵金の大成功により海外での人気も大きく高まり、このため国家外交舞台にも頻繁に招待を受ける方だ。


大長金が人気のある国の首脳が韓国を訪問するか、逆に韓国大統領が該当国を訪問するとき、イ・ヨンエが該当行事に招待される事例が多いという。





閲覧数:45回

最新記事

すべて表示