• 孤独な韓国男

ホルモン焼き。ソウル市三大美味しいお店【1】

もともと韓国のホルモン焼きは塩焼きが主だったが、在日韓国人達が味付けのホルモン焼きを日本で最初にやり始め、味付けのレシピは日本から韓国に逆輸入され、今の発展した韓国のホルモン焼きとなってある。


ソウルでホルモン焼きで有名なところで3ヶ所あるが、最初に紹介するところはソウルカンナムにあるヨンタバルという店。


韓国の芸能人や有名人はほとんどこの店を訪ねる超有名店である。



韓国のホルモン焼き


外観

ホルモン焼き専門店【ヨンタバル】


入口

1階は駐車場、店内は2階だ。


内部

ホールもあり、個室もある。




「ホルモン焼きのホルモンは内分泌のホルモン由来であり、日本人にも一部の数奇者が好奇を寄せる料理として、もしくは一部集落内にて消費される内臓食文化があったことは確かであるが、1970年代、様々な文献において「屠殺場で捨てるものを在日朝鮮人がもらって食べていた」という主張が散見されるようになる。その中でホルモンの語源は、内臓は食用の筋肉を取った後の捨てる部分なので、大阪弁で「捨てるもの」を意味する「放(ほう)るもん」から採られたという俗説(この説を採る代表例は、焼肉の食道園)を唱える人々が現れ、メディアなどを通して主張されるようになった。「大阪風味 - くいだおれ大阪どっとこむ!」の北極星の項目によると、「放る(捨てる)もん」を使っているという意味でも、また、内臓料理にはホルモンが含まれているという意味でも、「ホルモン料理」という名が付けられ定着してきた、との説明がある。」



ホルモンとミノ






ユッケ


ミノチャーハン



住所

ソウル特別市江南区道山大路231

서울특별시 강남구 도산대로 231


電話番号

02-545-4248


店名

ヨンタバル

연타발

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示