• 孤独な韓国男

ゲ・ウンスクも色気があったよな!本当に好きだった

韓国、日本両国で活動した韓国の歌手。 1985年に日本にデビューした元祖韓流スター。 独特のハスキーボイスと声量、優れた感情表現と美貌で日本で大人気の歌手だった。



子役出身で歌手活動をして進路を変えて広告モデルに専業し、以後歌手に復帰した。 今では想像するのは難しいだろうが、当時彼女は高くて歪んだ音色を持っていた。


それから作曲家浜圭介に会い、日本に渡って彼女だけの独特の個性を開花することになる。 日本ではエンカを主に呼び、多くの名曲を残した。


「日本でゲ・ウンスクの地位を一言で表現すると、チョ・ヨンピルよりも人気があった。 特有の音色のおかげなのかは分からないが日本人たちに膨大な愛を受けた。 そして、紅白歌合戦に7回も連続出演した唯一の韓国人であり、韓国人歌手の中で最多出演した人物でもある」

日本活動をしながら、日本の所属事務所や周辺知人が日本に帰化を数回要求したが、これを拒否し、所属事務所との返還金問題や莫大な税の追徴、根拠のない噂などが続いたものと見られる。


本人も交通事故後遺症と所属事務所との返還金訴訟、莫大な税金追徴などの悪材が重なって心の苦労が激しかったようだ。


以後覚醒剤所持容疑で執行猶予を宣告され、ビザ延長が拒否され帰国することになった。 以後、本人が明らかにしたのは自分は頭痛のために所属事務所から頭痛薬を受けたが、後で知らべてみたら覚醒剤だったと言ったことがあった。


以後2014年1月、韓国でカムバック準備中だと発表したが…


でも大丈夫。好きだから -_-;;

筆者は最近の近況も知っているが、彼女の老いてしまった姿を日本の友達に見せたくない。

すまない。







閲覧数:68回

最新記事

すべて表示