• 孤独な韓国男

これぞ韓国本場の味のサムゲタンだ。ソウル初の専門店1960年開業【高麗蔘鷄湯】



日本人が韓国に観光に来たときにお気に入りの食べ物で評判が非常に高いことが知られている。 韓国に小麦粉たっぷり入った食べ物だけがあると思った日本人にカルチャーショックという。


チャットで日本人と話してみると「韓国に遊びに行く計画なのにサムゲタンうまい家をちょっとオススメしてください」などの質問も結構聞かれる。


日本人には土俗村が有名だが、いざ土俗村は外国人の味覚に変わってしまった。 本場の味をしっかり実現させたサムゲタンを紹介する。



オゴルゲサムゲタン【烏骨鷄蔘鷄湯】


鶏の一種で、通常の鶏とは異なり黒品種を通称する。


オゴルゲ【五骨系】は脂肪分が少なくコレステロールが低く、肉質が柔らかく重金属や抗生物質老廃物などを体外に排出する作用があり、体に良い保養食として広く知られている。


特に、女性の生理不順に効果があるという。


肉は柔らかく、スープは淡白でさっぱりした味である。



意外に歴史の短い食べ物で、もともと朝鮮時代の時は福日に庶民は犬肉を入れたケジャンを、貴族は主に牛肉を入れたユッケジャンを食べたという。


しかし、高麗人参を入れた歴史が短いということで、サムゲタンの元調格である食べ物といえる鶏白宿は三国時代から食べており、朝鮮時代にも厳しく存在した。肉が貴重だった頃、家庭でそれほど頻繁に食べた肉料理だった。


あくまでも高麗人参や薬材を一緒に入れてゆでる方法が不慣れなだけ。


日帝強占期の時、様々な豚肉屋で鶏汁に高麗人参粉を入れて作ったのが、今のサムゲタンの始まりだった。


サムゲタン専門店【高麗蔘鷄湯】


場所は簡単に見つけることができる。 南大門、徳寿宮から近く、地図見ればすぐ調べる所に位置している。



店内


室内はモダンなデザインと伝統的なデザインが調和し、1階から4階まで建物全体が高麗三渓湯である。





「サムゲタンは孤独なグルメドラマ版シーズン4 2話で登場した。 ただ、典型的なサムゲタンではなく、レストランのオーナーが考えたオリジナルで、日本人が麺料理が好きなことを考えてインスタントラーメンサリを入れてサムゲタンラーメンという新メニューを作ったのだ。 似たようなものが韓国にもあるのがチキン麺だから、チキンでスープを出し、ここに麺を巻き出す形だ。」


山参アワビサムゲタン


現在韓国で一番豪華なサムゲタンである。


四骨と冬虫夏草を18時間煮込んだ肉汁に山参培養筋、漢方藥草、アワビなどを積み上げた栄養食であり、特に中年たちに最高の保養食になるだろう。




定番のメニュー(1400円)


このサムゲタンでも十分に本場の味を楽しむことができる。 柔らかい肉を焼き塩につけて食べる。


スープは多くのサムゲタン店が濃い味に反してここは淡白でさっぱりした味である。


日本人女性が好む味だ。



ミシュランガイドに6年連続選ばれた。


西洋人や中華圏に多く知られたお店で、日本人は主に土属村に行ったが、筆者はここがもっと本場の味に忠実してると思う。





住所


ソウル特別市中区西昌門洞55-3

서울특별시 중구 서소문동 55-3


電話番号

02-752-9376


店名

【高麗蔘鷄湯】ゴリョサムゲタン


閲覧数:30回

最新記事

すべて表示